ニュース

松沢達也の顔画像「上司にブチギレ放火したやばい男」建デポ草加瀬崎店

ニュース

2022年6月13日、埼玉県にある「建デポ草加瀬崎店」で火事が発生しました。火事の原因は放火。放火した犯人は建デポのパート従業員の松沢達也容疑者(32)です。逮捕された松澤達也容疑者の顔画像と放火理由を調査しました。

田渕照明の顔画像と湖西市ホテルはどこ「非日常に興奮する変態」浜名湖乱交パーティー
浜名湖で120人が参加する乱交パーティーの主催者だった田渕照明容疑者(54)が逮捕されました。田渕てるあき容疑者の顔画像とTwitter見ていきます。
有馬滉希(こうき)は在日朝鮮人だった「サイコパス顔の凶悪犯」知立市殺人事件
愛知県知立市の側溝に男性の遺体を放置したとして有馬滉希(こうき)容疑者(26)が逮捕されました。有馬こうき容疑者について調査をすると在日朝鮮人だったことが判明。有馬こうき容疑者のFacebookとともに見ていきます。
「違法ゼリー」四季が医薬品成分検出でベトナム逃亡!マフィアに狙われている
違法ゼリーを販売していた四季さんが謝罪動画を上げました。違法ゼリーには医薬品成分「シブトラミン」が検出され四季さんは逮捕間近とされています。違法ゼリーおばさん四季はベトナム逃亡を企てているようです。




松沢達也容疑者の顔画像

建デポに放火をし逮捕された松沢達也容疑者の顔画像を調査しました。

 

名前:松沢達也(まつざわたつや)

年齢:32歳

住所:埼玉県越谷市花田6丁目

職業:建デポ草加瀬崎店のパート従業員

 

今回、幸いなことに建デポの火事で亡くなった方はいませんでした。しかし、建デポはかなり燃え、建物の損傷も激しく隣の建物にも燃え移るなどし、被害は大きい。松沢達也容疑者が殺意を持っていたことがわかります。

 

2019年7月に、「京アニ放火殺人事件」が起きました。京アニ放火殺人事件を起こした犯人の青葉真司被告は京アニに対し、強い殺意を持ち犯行を起こしています。

画像:京アニ殺人事件犯人・青葉真司

青葉真司被告の顔画像だけを見ると真面目で温厚そうな見た目をしていますよね。とても放火事件を起こすような感じはしません。今回、建デポ放火事件を起こした松沢達也容疑者の顔画像は青葉真司被告のような見た目に違いありません。

 

また、松沢達也容疑者を知る人物によると「静かな温厚な人」だと話しているため、青葉真司被告に似ていることがわかります。

「すごく静かな温厚な人で犬の散歩をよくしていた。普通にワンチャン散歩させている人たちと仲良くしていた。働いている雰囲気はあまりなかった」(松沢容疑者を知る人A)

 

さらに、京アニ事件の青葉真司被告は正社員としてではなく派遣やアルバイトとして働く、非正規雇用労働者でした。埼玉の建デポ放火事件の犯人である松沢達也容疑者もパート従業員で非正規雇用労働者。

 

正規雇用ではないことから、職場では下に見られることもあり松沢達也容疑者のストレスは日々溜まっていきました。青葉真司被告も松沢達也容疑者は容姿もそっくりで、性格も似ていたのではないでしょうか。

 

松沢達也容疑者の顔画像は公開されていません。松澤達也容疑者の顔画像を特定でき次第、掲載します。




松沢達也の犯行動機「上司にブチギレ放火した」

松澤達也容疑者は、事件を起こした理由として「ストレスがたまってやった」と供述しています。ストレスがたまっていただけで、こんな事件を起こすでしょうか。

 

放火を起こすくらいなら仕事を辞めればいいのに。ここまでやるか普通…

松沢達也容疑者のニュースを見た人は上記の反応をしています。

 

仕事が嫌なら辞めることが可能です。たとえ、簡単に仕事を辞めることができなかったとしても職場に放火をする考えを持っている松澤達也容疑者は、普通の精神状態ではないことがわかります。

 

2013年11月に「アクリフーズ農薬混入事件」がありましたが、この事件を起こしたのも従業員でした。この事件の簡単な概要は、契約社員として働いていた阿部利樹氏(現在は出所済み)が職場で取り扱っている冷凍食品に農薬を混入させるものでした。

 

画像:アクリフーズ農薬混入事件犯人・阿部利樹

阿部利樹氏の犯行動機は「上司に嫌味を言われたから」というくだらない理由でした。建デポを放火した松沢達也容疑者も上司から嫌なことでも言われたのでしょう。

 

上司からすればただのコミュニケーションだったとしても、松澤達也容疑者からすれば上司からの何気ない言葉は腹が立つことで、放火する理由としては十分でした。


松澤達也のFacebook

松澤達也容疑者のフェイスブックを調査しました。

「松沢達也」で検索すると同姓同名のアカウントが5件ほど出てきました。

 

1件1件調べましたが何も投稿していないアカウントや、別人で埼玉県越谷市在住の松沢達也という人物のアカウントはありませんでした。松沢達也容疑者のフェイスブックを確認でき次第、追記します。


松沢達也が放火した「建デポ草加瀬崎店」

火事が起きた建デポはプロ専用の会員制総合建材店。プロ仕様のこだわりの品ぞろえと良心的な価格帯で建材資材を取り扱っています。

 

店舗名:建デポ草加瀬崎店

住所:〒340-0022 埼玉県草加市瀬崎6丁目10−18

電話番号:0489204611

※現在は臨時休業中

 

画像:消火した後の建デポ

今回の火事で、建デポは臨時休業中ですが営業再開の目途は立っていません。利用していたお客さんは多かったため惜しまれます。


松沢達也「建デポ草加瀬崎店」放火事件の概要

 埼玉県草加市の建材店で13日夕に起きた火災で、県警は14日、この店のパート従業員、松沢達也容疑者(32)=同県越谷市花田6丁目=を現住建造物等放火容疑で逮捕し、発表した。「お店に火をつけた。仕事でストレスがあった」と供述しているという。

草加署によると、松沢容疑者は13日午後5時前、草加市瀬崎6丁目の「建デポ草加瀬崎店」に何らかの方法で火を放ち、店舗を全焼させた疑いがある。

出火直後、警備会社から「火災が起きている」と消防に通報があった。火災は14日午前6時に鎮火したが、店舗は全焼。従業員の女性(42)がのどに痛みを訴えるなどして、病院に搬送された。命に別条はないという。

発生当時、従業員十数人と客が店舗にいた。松沢容疑者は約1年前から店で勤務しており、13日は正午から午後5時までの勤務シフトだったという。県警は現場検証で、詳しい火災の原因や状況を調べる。

引用元:朝日新聞

 

事件概要を簡単にまとめると

・火災発生日時:2022年6月13日の夕方

・現場:埼玉県にある「建デポ草加瀬崎店」

・火事の発生原因は放火で犯人はパート従業員。

・6月14日にパート従業員・松澤達也容疑者(32)を現住建造物等放火容疑で逮捕した。

・松沢達也容疑者は火事発生当時の6月13日はシフトに入っており、勤務後の犯行とされている。

・この事件で建物は全焼。女性従業員がのどの痛みを訴えているが亡くなった人はいない。


松澤達也は暗くて地味「できれば仕事なんてしたくない」

「犬をいつも散歩されていて仕事をしないでぷらぷらしている甘やかされた坊ちゃんなんだろうなって」(松沢容疑者を知る人C)

 

松沢達也容疑者を知る人の話によると、あまり働いている印象はなかったことがわかっています。できれば働きたくないと考えていた松沢達也容疑者ですが、正社員みたいにしっかり働くことは嫌だけどパートで決められたシフトだけでなら、と仕方なく建デポで働いていました。

 

男なのにパートってどうなの。子育てしてる女がパートなら分かるけどさぁ
32歳でパートね。はいはい察した。
女性のパートに対して偏見はあまりないのに対し、男性がパートで働くことに対する偏見は多く見られます。働いていてもパートというだけで、どこか小ばかにされていた松澤達也容疑者。日に日に殺意が芽生えていき職場ごと燃やすという考えに至りました。

 

コメント