知床観光船「KAZU1」事故

桂田精一(知床遊覧船社長)の顔画像!お金第一の悪徳経営者(カズワン座礁事故)

知床観光船「KAZU1」事故

2022年4月23日、北海道知床半島沖で26名が乗った観光船が浸水事故を起こしました。捜査が進むにつれて見えてきたのは、今回の知床遊覧船の事故は「防げたはずの事故」だったことです。

元々船首に亀裂が入っていたことや、天候が悪く運航は中止すべきだと関係者に忠告を受けていたにも関わらず、出航してしまった知床遊覧船。

知床遊覧船の事故について、船長・豊田徳幸さんの責任が問われていますが、会社そのものに問題がありました。知床遊覧船の運航会社社長の「桂田精一さん」について調査したので詳しく見ていきます。

桂田精一社長の父親「桂田鉄三」は圧倒的権力者!後ろ盾に頼るボンボン(知床観光船沈没事故)
知床遊覧船の桂田精一社長の父親について調査しました。知床遊覧船の桂田精一社長の父親は桂田鉄三さんで、元政治家の圧倒的権力者でした。桂田精一さんは父親・桂田鉄三さんの後ろ盾に頼り、会見から逃げ続けています
404 NOT FOUND | ゴリゴリ情報局
日々注目されているニュースを追いかけ発信します

知床観光船事故「KAZU1」を所有する会社は(有)知床遊覧船

今回、知床半島沖で浸水事故を起こした船「KAZU1(カズワン)」を所有する会社は(有)知床遊覧船です。

住所:〒099-4355 北海道斜里郡斜里町ウトロ東53

電話番号:0152‐24-3777

Googleの口コミを見てみると、知床遊覧船のツアーに参加した観光客からは満足したという声が多く書き込まれていました。

予約の先着順に並んで乗船。船長は操縦しながら船内放送で細かに知床半島を説明してくれる。その口調が優しく心が温まる。船長が運転中に出会った大きな熊の写真を見せてくれた。車内からガラス越しに凄い迫力だった。その熊を船上から見つけようと、船長はずっと探してくれていたが、1頭見つかった。小さすぎるので「分からない人は手を挙げて下さい」と言われ、最後の一人が見つけられるまで丁寧に説明してくれた。知床半島の先端まで行き、40km先の国後半島もクッキリと見ることができた。知床半島が愛おしく感じられたツアーだった。

ヒグマやイルカなどと出会うことができたり、大自然を満喫できる楽しいツアーのようでスタッフの対応もよく、観光客は楽しい思いでを作ることができ満足しています。

しかし、(有)知床遊覧船は船体の傷は修理しないなど、ずさんな管理体制でした。浸水事故を起こした今は、ツアーに参加したいとは思いません。

桂田精一は親の後ろ盾がないと何もできなかった




知床遊覧船の社長・桂田精一さん

画像:知床遊覧船の桂田精一社長

今回、事故を起こした(有)知床遊覧船の社長は桂田精一さん。

桂田精一さんはしれとこ村グループの代表取締役社長です。桂田精一さんの運営会社の社名は(有)しれとこ村で、ホテルや旅館の運営もしています。

そして、桂田精一さんが代表を務める運営会社(しれとこ村)の中に、今回浸水事故を起こした観光船の運航会社「知床遊覧船」が含まれています。

(有)しれとこ村代表で知床遊覧船を運営する社長・桂田精一さんは、元々は経営者でもなんでもなく、陶芸家だった方です。

個展を開催するほどの陶芸家で経営に関しては素人だった桂田精一さんは突然、知床の旅館の経営を任されました。しかし、旅館の経営状況は赤字。

そんな中、経営コンサルティング会社の(株)武蔵野・代表取締役小山昇さんのサポートを受け、桂田精一さんが経営する旅館はたちまち黒字へと変わりました。

桂田精一社長の父親「桂田鉄三」は圧倒的権力者!

知床観光船に乗船した被害者遺族の怒り

画像:経営コンサルティングの小山昇さん

桂田精一さんは元陶芸家から一転、5つの運営会社の経営者に転身。収入も一気に増えたことでしょう。

知床遊覧船の出航は危険だとされていることは知っていたはずなのに、乗客乗員の命よりも目先の利益を優先しています。知床遊覧船の社長・桂田精一さんの罪は重い。

知床遊覧船の経営は権力の塊だった




桂田精一さんのTwitterに顔画像あり

桂田精一さんのツイッターアカウントを発見しました。

投稿は一切なく、プロフィールの詳細も記載されていませんでしたが、フォロー中のアカウントの中に経営コンサルティングの小山昇さんがいました。また、他にも経営者のアカウントをフォローしていました。

桂田精一さんの経営する旅館を赤字から黒字に変えるようサポートしてくれた経営コンサルティングの小山昇さんをフォローしており、経営者のアカウントをフォローしているところを考えると、上の画像のTwitterアカウントは「知床遊覧船」社長・桂田精一さんのもので間違いありません。

顔画像を大きく拡大しました。年齢は50~60代というところでしょうか。上の写真はスーツでびしっと決めているわけではないのでどちらかというと経営者ではなく、桂田精一さんの過去の職業だった陶芸家っぽいという印象を受けます。

桂田精一さんは経営者という立場ではありますが、今でも趣味か副業として陶芸を続けているのではないでしょうか。

知床観光船社長が会見を開かない理由とは


知床遊覧船・桂田精一さんのフェイスブック

桂田精一さんのフェイスブックアカウントを発見しました。2019年3月21日を最後に更新は止まっています。

画像:桂田精一さんのフェイスブック最後の投稿

桂田精一さんのFacebookの投稿のほとんどが、仕事に関する内容でした。

たまに、プライベートの投稿もしていましたが、知床観光事業に関する内容が多かったので仕事に対して熱心な印象を受けます。Facebookの友達には経営者関係の方も多く、コメントでアドバイスをもらうなどして、仕事に活かしていたようです。

桂田精一さんは元陶芸家なだけあって、職人気質。中途半端な仕事はしたくないのでしょう。しかし、事業を成功させるために何ができるのかを考えることができるのに、なぜ観光船の乗客乗員の命を守る方法については考えなかったのでしょうか。

河口洋介さんFacebookと顔画像!


桂田精一社長は宿泊客レイプ被害をもみ消していた(4月27日追記)

桂田精一社長のFacebookには、元スタッフによる告発が投稿されていました。告発しているのは、しれとこ村で働いていた元スタッフの女性。レイプ事件、従業員同士の暴行事件、従業員への賃金未払いなど、桂田精一社長の悪事が暴露されています。

リツート&拡散希望です!#me too運動が世界中で広がりを見せている中、世界遺産が堪能出来ると謳っている北海道の知床村の”しれとこ村つくだ荘”(ゲストハウス ハナレ)で信じられない事件が発生し隠蔽されました! 2019,6,23なんと安心安全が売りの女性専用の部屋に鍵が全くなく誰でも侵入出来る状態で運営しているんです!なので深夜モンゴル人観光客が侵入し、フランス人観光客がレイプされました。同室の日本人が異常に気づき通報しました。本当にあってはならない悲しい事が発生しました。震えて泣いている被害者の通訳に警察や病院に付き添った女性従業員に、今すぐ戻って明日の仕事の準備をしろ!フランス人はオープンだから自分から誘ったのではと言い放った経営陣!被害者に正式な謝罪もなく事件を隠蔽するように従業員に指示を出しました。強姦事件を隠蔽し侵入事件で片付けました!しかも翌日も鍵がないまま何事もなかったように女性のお客様達を宿泊させていました。他にも従業員同士の暴行事件、2019,8,1(加害者は網走刑務所に収監されました。)三十日の連続勤務や休憩なしの11時間勤務など労働基準法違反だらけの職場で過労死寸前でした!賃金未払い外国人労働者の深刻なイジメもありました。経営者に職場の改善要望等を伝えたく、何度も話し合いの場を求めても、のらりくらりと逃げられました。このようなゲストハウスに、海外からの観光客や女性客が今も宿泊しているのが事実です!本当にあってはならない事です。被害にあわれたフランス人女性や一緒に旅行に来られた友人達に、心から申し訳ないと思っています。日本を代表する観光地北海道の知床で起こった事件!国内外の全てのお客様が安心して宿泊してもらえるように改善してもらいたいです!

友達、先生、知り合いの方!みんな聞いて下さい!
私が10/21日まで、働いていた”しれとこ村”(北海道知床)の旦那の給料と、渡航費11/10にいれる言われたまま、まだ入っていません!
そして、連絡すると、社長、経理、社員全部私のラインをブロック!社長は、電話も繋がらず!みんなどう思いますか?
言うつもりは、なかったですが、スーパーブラック企業です。
6/23ホテル内女性専用ルームで、レイプ事件隠蔽して、翌日から、平然と、鍵も付かず再開!社長は、被害者のフランス人の女の子「外国人openやし薄着だったから、虚言ではないか?」と言うとんでもない人!私が警察、加害者、被害者全て通訳したので、事実です。
8/1酔っぱらった、後輩、喧嘩で、網走刑務所に、留置されたのに、寮を追い出し、保釈金も出さないので、2ヶ月網走刑務所に捕まり、社長は、面会1度も行かず、(アルバイト千葉から、しにいった子が、2ヶ月網走刑務所ですよ?普通社長なら、命懸けで、社員助けませんか?)私が、面会を強く頼むと2ヶ月間1日も、30分も空いてないぐらい忙しいと。はぁ?沢山されてる飲み会は?終いに逆切れ!
残業未払い、連続勤務11連勤普通、長い人は30連勤以上!都会から免許無くても大丈夫いつでも街にみんなが、連れていくと、誰も連れていってくれず、街にスーパー1つしかなく、愛犬4日間血便で、倒れてるのに、獣医もなし!4日後に、優しいいとこさんが、3時間かかる、網走の獣医さんに、連れていってくれましたが、求人の誤報を追求すると、「書面には残してない!」とワケわからん言い訳!
毎日8時間以上長い時は11時間休憩なし!吐きそうでした!ありえませんよ!有給休暇の存在事態、誰も知らず!私が初めて取った人らしいです。あほな!
冬休みに入る、最終日まで勤務をしました。その社員に対して、これですか?
みなさん、フランスに帰ってるから、連絡できないと、なめられたのでしょうか?
考えられないんやけど?
しれとこ村つくだ荘 、地のはて、海に桂田(旧 国民宿舎桂田です。)
拡散お願いいたします。かなり、怒り憤慨中。
告発をした元スタッフの女性は、2019年10月21日まで働いていました。以下に簡単にまとめてあります。


第①の事件 フランス人女性がレイプされる

・2019年6月23日。しれとこ村つくだ荘(ホテル内のスタッフ専用ルーム)でレイプ事件が発生。

・レイプの被害に遭ったのはフランス人女性で、同室の日本人が通報済み。

・しれとこ村つくだ荘でフランス人女性が泊まった部屋は、女性専用の部屋だったが、鍵がなかった。そのため、侵入者に襲われる事態となった。

・桂田精一社長含め、経営陣は泣いている被害女性(フランス人)や被害女性に寄り添う他の女性従業員らに「今すぐ戻って明日の仕事の準備をしろ」、「フランス人は性にオープンだから自分から誘ったんだろう」と言い放った。

・その後、桂田精一社長はレイプ事件を隠ぺいし、女性専用のゲストルームの鍵はない状態のまま使用し続けている。

第②の事件 従業員同士のケンカ

・2019年8月1日、従業員同士がケンカをする事態となった。

・加害者は千葉からアルバイトにきた男性従業員。

・酔っぱらった加害者の従業員が、被害者の従業員へ暴行し逮捕。網走刑務所に収監された。

・加害者の従業員は2か月間網走刑務所に留置され、桂田精一社長は一度も面会に行かなかった。また、加害者従業員は尞に住んでいたが桂田精一社長が追い出している。

第③の事件 従業員への賃金未払い

・告発した元従業員女性は、しれとこ村で2019年10月21日まで働いていたが、それまで働いていた給料と、渡航費がまだ未払いのまま。

・桂田精一社長には2019年11月10日に振り込むと言われたが、Facebookで告発した日(2019年11月13日)の時点ではまだ入金されていない。

・また、残業代も未払いのまま。

第④の問題 長時間労働のかなりのブラック企業

・8時間勤務が基本だが、毎日8時間以上、多い時は11時間以上働かされた。また、休憩は一切なしで、残業した分の給料はなし。

・休みも少なく、11連勤は普通、人によっては30連勤させられている人もいた。

・しれとこ村で働く人のほとんどが、フランス人で有給休暇の存在は知らされていなかった。

・また、従業員はどうせフランスに帰ってしまうからと舐められていた様子。

・求人票には、アルバイトをする人は買い物などで町に出たい場合、車を出すと記載されていたが車を出してくれることはなかった。

 

 

元スタッフの告発は紛れもない事実です。レイプ事件の隠ぺい、暴行事件、長時間労働のブラック体質。桂田精一社長は従業員をただの駒としか見ていなかったようです。

知床観光船KAZU1を運転していた豊田徳幸船長も自身のFacebookに「ブラック企業で右往左往している」と投稿していたことから、しれとこ村グループはかなりのブラック企業でした。

画像:知床遊覧船KAZU1の船長・豊田徳幸さん

桂田精一社長を恨んでいる人は多いはず。


桂田精一氏「カズワン(KAZU1)」の修理は後回し

桂田精一さんが運営する(有)知床遊覧船の保有する「KAZU1」が今回事故を起こしました。

画像:観光船のKAZU1(カズワン)

関係者によると、知床遊覧船「KAZU1(カズワン)」の船首には2メートルほどの亀裂が入っていたことが明らかとなっています。

上の画像を見て頂くとわかりますが、カズワンの船首部分には、縦に亀裂が入っています。これだけ大きな亀裂があるにも関わらず、修理はしていません。

さらに、事故当日は悪天候で観光船の運航は危険な状況でした。KAZU1の運航について、他の漁場関係者からも運航はやめるよう忠告を受けていましたが忠告は無視して出航。その後、座礁する事故へと発展しました。

観光船の修理もせず、悪天候の中でも出航し多くの人の命を奪った今回の知床遊覧船事故は、人災だったとしか言いようがありません。


知床遊覧船・桂田精一社長は悪徳経営者(4月25日追記)

HBCニュースが51歳の元船長に取材をし、知床遊覧船の社長・桂田精一さんの経営方針や性格について詳細が明らかとなりました。

◆今の経営者は…

「今の運航会社の社長は、船のことも、海のことも知らない」

お金にだらしない人。銀行で金を借りていたけど、去年、おととしくらいから経営が上手くいかずに、常に『お金がない』と話していた」

「波があって出航をやめたときも、社長には『何で出さないんだ』と言われていた」

「経営は厳しく『銀行からお金が借りられない』と言っていた」

「僕がいる間は、無事故の会社だった」

「室内船は、乗船時はライフジャケットの着用義務はない」

「知床岬コースは、長いし、人気のコース。社長が変わってから、4月からやるようになった」

「当初は、4~5月は海が冷たくて、時化るため、6月まで運航していなかったコース」

「クマがほぼ見られることや、時間が長いコースであることから、人気のため、他の会社もやってるし、GW中にも出すように変えた」

Yahoo!ニュースより引用

知床遊覧船の桂田精一社長は、元陶芸家で海のことも船のことも何も知りませんでした。元船長だった男性は、悪天候で観光船の運航を自身の判断で中止したときに桂田精一社長に「なぜ船を出さないんだ」と叱責されています。

元船長が危険だと判断したから運航をやめたのに、桂田精一社長は目先の利益しか見えていませんでした。

また、桂田精一社長はお金にだらしないこともわかっており、5つのグループ会社の運営をしているにも関わらず、常に「お金がない」と話していたようです。

わたしの知り合いにも陶芸家がいますが、稼いだお金はすぐに使ってしまうタイプで元陶芸家の桂田精一さんも稼いだら稼いだ分使い切ってしまう性格なのかもしれません。

桂田精一社長は、知床遊覧船の経営状況が悪化したことで資金繰りに悩み、少しでもお客がいれば悪天候で危険な運航でも船を出していました。海も船も知らないのに、人命よりもお金優先な悪徳経営者だったのです。


知床観光船の桂田精一さんは知床小型観光協議会・会長もやっていた

桂田精一さんは、知床小型観光船協議会の会長を務めていました。知床小型観光船協議会とは、知床小型観光船を盛り上げるため、桂田精一さんが経営する「知床遊覧船」と他の会社、計4社合同で2020年7月よりクラウドファンディングを実施しました。

■組織概要
<名称>
知床小型観光船協議会
<代表者>
会長 桂田 精一
<設立>
2006年4月
<事業内容>
観光船事業(当協議会は、刻々と変化する海上状況の情報共有や、合同での水難救助訓練の実施など、4社での強い協力体制を構築するために結成された組織です)
<URL>
▼知床クルーザー観光船ドルフィン(有限会社ホワイトリリー旭川)
http://www.shiretoko-kankosen.com/
▼ゴジラ岩観光(有限会社丸は宝来水産)
https://kamuiwakka.jp/
▼知床遊覧船(有限会社知床遊覧船)
https://www.shiretoko-kazu.com/
▼知床世界遺産クルーズFOX号(有限会社フォックス)
cafeFOX 知床世界遺産クルーズ 知床クルーザー観光船
閉ざされた知床を堪能する最後の手段。FOX号で行く知床クルーザー観光船TM

知床小型観光船協議会の代表者は桂田精一さんです。しれとこ村の事業の他にも、知床小型観光船協議会を立ち上げ、観光船事業の活性化に取り組んでいます。

このクラウドファンディングで集まった資金は622万円でした。資金の使い道は以下の通り。

●船舶の維持管理費
●事務所の家賃
●お客様用駐車場の使用料
●人件費
●リターン品の制作費・送料
●クラウドファンディング決済手数料

クラウドファンディングで集めた資金の使い道の中に、船舶の維持管理費と記載されていました。しかし、座礁事故を起こした「KAZU1」の船首の亀裂の修理はしていませんでした。

素人が見てもわかるであろう知床遊覧船カズワンの亀裂は、クラウドファンディングで集めた資金で治すべき箇所だったはず。桂田精一さんは観光船事業の経営悪化で目先の利益だけを優先し、資金の使い道を間違えたようです。

コメント