Twitterで話題

「河野玄斗」頭脳王のオセロで炎上!AI必勝局面でやらせしたい放題

Twitterで話題

2月19日に放送された「最強の頭脳日本一決定戦!頭脳王2021」で現役東大生の河野玄斗さんが優勝しました。河野玄斗さんは、オセロAIに挑戦し見事に勝ちました。しかし、河野げんとさんがオセロで対戦したAIが弱く設定されており、「頭脳王」はやらせだったことが発覚し炎上しています。詳しく見ていきます。

 

[炎上]河野玄斗が頭脳王でオセロAIに勝利するもやらせだった!

2月19日に放送された「頭脳王2021」で東大医学部の河野玄斗さんが優勝しました。河野玄斗さんは、これで3度目の優勝。河野げんとさんは、自身のTwitterでも喜びの声を上げています。

頭脳王で3度目の優勝を果たした河野玄斗さん。しかし、河野玄斗さんが準決勝で挑戦したオセロで対戦したAIだけが弱く設定してあったことが発覚。オセロに詳しい人物が暴露したことで、河野玄斗さんの頭脳王優勝はやらせだったことが明らかとなりました。

河野玄斗さんが頭脳王で優勝することは最初から決まっていたことでした。河野玄斗さんの実力でも何でもなく、「頭脳王」は視聴率のために作られたエセ番組だったのです。


河野玄斗がオセロで対戦したAIが弱く設定してあったとTwitterで告発される

上の画像は、「頭脳王2021」で河野玄斗さんがオセロで対戦したAIが弱く設定してあるとTwitterで告発した人物です。「@yuki_cvn」というアカウントの人物は”オセロクエスト八段”とプロフィールに載せています。

河野玄斗さんのオセロがやらせだったと告発した「@yuki_cvn」は、オセロに相当詳しい人物であり、「頭脳王」を見ていておかしな点に気づいたようです。

以下は、オセロに詳しい「@yuki_cvn」が、河野玄斗さんが対戦したオセロが弱く設定してあったことが事実であることがわかる内容です。


河野玄斗さんの石の色は。対するAIは青(黒)でした。河野玄斗さんがオセロで対戦したAIの設定は「黒必勝の局面」。なので、最初から黒(AI)が勝つという局面設定なのでやらせしたい放題だとオセロに詳しい人物「@yuki_cvn」は語ります。

補足すると、鬼設定とか甘々設定とかってのは比喩表現で、ようするにAIによる評価は丸見えの状態で、最終的な着手のチョイスは番組側がいくらでも操作できる状態にあったということです。もともとAI必勝局面なので、いざとなれば番組側の意思で誰かを勝たせたり負けさせたりが可能だったわけですね。

河野げんとさんのオセロはやらせだったと暴露している人物によると、AI必勝局面なので、番組側の意思で誰かを勝たせたり、負けさせたりすることが自由にできる設定だったと明らかにしています。

なので「頭脳王2021」では、最初から河野玄斗の優勝は決まっていました。河野玄斗さんは「神脳」と呼ばれており、イケメン東大生。番組としても演出のために河野玄斗さんを優勝させる番組にしたほうが視聴者にウケると考えたようです。

画像:オセロ大戦中に考えるそぶりを見せる河野玄斗

 

河野玄斗さんは、オセロ大戦中に手を鼻に当て、考え込むようなポーズをしていました。しかし、これも全て演技。どこにオセロの石を置くのか番組に言われたとおり置いていただけでした。

別にAIにやらせなくても、AIに答えだけ教えてもらって、番組の人間が手動でやることもできるわけです。

ちなみに番組側が事前に用意してそうな「AIの設定によってたまたま着手がバラけただけです」みたいな言い訳は通用しません。なぜなら最大の問題は「最初からAI必勝局面だった」ことにあります。ストレンジオセロ?とかいう初期配置の設定は番組側が決めたもので、AIが決めたものではありませんから。
つまり正しく打てば絶対に黒のAIがボロ勝ちする初期設定(なぜか周囲を最初から埋めてあるうさんくさい局面設定)にしてる時点でゲームとしてはアンフェアですし、最初から勝てない戦いを挑まされて河野玄斗を祭り上げる餌にされた京大の人が可哀想だということです。最初から出来レースだったんですね。

河野玄斗さんを告発したオセロに詳しい「yuki_cnv」という人物は、”最初から勝てない勝負を挑まされて河野玄斗を祭り上げらる餌にされた京大の人が可愛そう”だとTwitterに投稿しました。

画像:河野玄斗と対戦した京大生

河野玄斗と対戦した京大生は、番組からは出演料を頂いており、了承した上で番組に参加していたとは思いますが当て馬として利用されたのは否めない。


河野玄斗は調子に乗っている!東大医学生の暴露

Twitterで話題の情報を発信している「滝沢ガレソ」の元に、河野玄斗同じ東大医学部に通う学生からのDMが届きました。

画像:河野玄斗と同じ東大医学部に通う学生からの暴露DM




・河野玄斗が優秀で頭がキレることは知っているが、頭脳王はやらせだらけであることを暴露。・河野玄斗が頭脳王に初めて優勝したときに出演した他の東大医学部の学生が番組で行われていることを聞いた。・河野玄斗がミスした時にはカメラに映らないように答えを指摘している。・出演者にはあらかじめどういったジャンルの問題が出題されるのか告知されるが、河野玄斗には事細かな詳細が告知されている。他の出演者には「音楽の問題が出ます」程度。河野げんとの場合は「紅白の出場選手についての問題が出ます」といった内容が河野玄斗には告知されている。・頭脳王だけではなく東大王もやらせが行われていると聞いたことがある。・そもそも、東大医学生だかたといって何でも知っているわけではない。冷静に考えたらわかることなのに視聴者の多くは気づかないので騙されている。・東大医学部の学生は、顔に泥を塗られているので河野玄斗のことを良くは思っていない。

・医師免許を弁護士資格を取ろうとも、研修などを受けない限り資格だけあっても意味がない。どれだけ頭が良くて、有名になろうが河野玄斗は、YouTubeなどで金稼ぎをして副業禁止の初期研修医になることはできない。

河野玄斗さんは東大医学部の学生からよく思われていませんでした。河野げんとさんはテレビに出演したりするようになり、ファンが増えたことで調子に乗っているようです。「俺はすごい」とでも思っているのでしょう。

河野玄斗さんは医療に携わる仕事に就くために東大医学部を目指したはず。しかし、河野玄斗さんは東大医学部としても活動よりも、頭脳王などのテレビ出演やYouTubeに励んでいます。


河野玄斗は過去に中絶させていた!頭脳王優勝で印象操作か

河野玄斗さんが過去に交際していた女性を妊娠させ、中絶させていたニュースは有名ですよね。

河野玄斗さんの子供を妊娠した女性は産みたいという医師があり、中絶を拒否しました。しかし、河野玄斗さんは中絶するよう説得。その際に、『今はまだ脳が発達していないから生き物ではない』『悲しい等の感情はない』などのサイコパス発言をしていたことが発覚し、炎上する騒ぎとなりました。

河野玄斗さんは東大医学生で頭もよく、イケメン。女性にもモテモテでこれから医者になるというのに、予期せぬ彼女の妊娠は河野玄斗さんの人生にとって足かせでしかありませんでした。

結局、中絶する道を選びましたが、1人の赤ちゃんの命が失われ、河野玄斗さんのサイコパス発言によって彼女も傷つき、河野玄斗さんには辛辣なコメントが寄せられました。

中絶で炎上騒ぎがあったにも関わらず、河野玄斗さんは引き続き「頭脳王」に出演し優勝しています。河野玄斗さんがサイコパスであることを知らない人からすれば「河野玄斗すごい!かっこいい!」などと思ってしまうような演出の仕方をしているのが「頭脳王」です。

河野玄斗さんが過去にしでかした事件を「頭脳王3度目の優勝!」で上書きでもしているよう。「頭脳王」の番組側と河野玄斗さんがグルになって印象操作しているように思えます。

コメント