事件・事故

山内真也(豊田市)会社役員は嘘!「市長殺害」誰もやらないなら自分がやる

事件・事故

愛知県豊田市の自称会社役員・山内真也容疑者(30)が逮捕されました。山内真也容疑者はSNSで豊田市長宅に侵入し、脅迫したなどして逮捕されました。山内しんや容疑者は豊田市長選に立候補し落選した過去がありTwitter上では「豊田市長を殺害した人間に1億円を贈呈する」という投稿をしていました。山内真也容疑者のTwitterについて調査しました。

ワタナベマホト余罪発覚!慣れた手口で被害者多数!コレコレ暴露で炎上
ワタナベマホトが未成年にわいせつ画像を要求する犯罪行為を行っていました。被害にあった15歳少女以外にも複数の被害女性がいたことがコレコレ生配信で暴露。マホトの被害者は未成年ばかり。マホトの余罪発覚で炎上する騒ぎとなりました。
えむれな別れた理由「価値観の違い」は嘘!ゲーム依存症と家事やらなすぎでお互い様
YouTuberのふくれなとМ君が破局したことを「えむれなチャンネル」で報告しました。ふくれなとМくんは別れた理由を「価値観の違い」だと伝えました。しかし、「価値観の違い」は全くの嘘でふくれなに対する不満とМ君に対する不満が募り積もって別れたことが明らかに
今泉佑唯(ずーみん)離婚でシングルマザーに!「ロリコン夫にドン引き」
元欅坂46の今泉佑唯がワタナベマホトと結婚することを報告しました。マホトは15歳少女にわいせつ画像を要求する犯罪行為をしていたことが発覚。今泉佑唯はマホトとの離婚を考えます。また、「ずーみん」こと今泉ゆいは現在妊娠中でシングルマザーになることを決意するようです。

山内真也(豊田)プロフィール!市長選落選し逆恨み

名前:山内真也(やまうちしんや)

年齢:30歳

職業:自称会社役員(株式会社ONENE代表取締役)

その他:2020年2月豊田市長選挙立候補し落選

豊田市長の自宅に侵入した容疑で逮捕された山内真也容疑者(30)。2020年2月に豊田市長選に立候補し、落選。山内真也容疑者は自分が豊田市長選で落選したことに腹を立て、現市長である太田稔彦市長(66)を殺害しようと試みました。

 

後に記載しますが、山内真也容疑者のブログやTwitter、FacebookなどのSNSに投稿されている内容はかなり異質でした。山内しんや容疑者はサイコパスのような一面があり、腹が立った時に何をしでかすかわからないような性格でした。




山内真也「株式会社ONENE」代表取締役は嘘だった

山内真也容疑者は「株式会社ONENE」の代表取締役をやっています。

会社名:株式会社ONENE(ワンネ)

所在地:〒471-0015 愛知県豊田市上野町6丁目103番地14

上は、山内真也容疑者が勤務する「株式会社ONENE」の地図です。しかし、グーグルマップで確認すると「株式会社ONENE」は会社ではなく一軒家でした。看板もありません。

画像:山内真也容疑者が経営する「株式会社ONENE」

山内真也容疑者が経営している「株式会社ONENE」という会社を調べても事業内容が不明です。グーグルマップで見た「株式会社ONENE」が一軒家となると、山内真也容疑者が自宅兼事務所として使用している可能性もありますが、嘘の住所で登録している可能性が濃厚。

 

画像:山内真也容疑者「株式会社ONENE(ワンネ)」の基本情報

インターネット上に登録されている「株式会社ONENE」は2019年2月14日に法人番号がしていされました。また、基本情報を見ると、企業名、所在地しか記載されていません。電話番号やメールアドレス、公式ホームページ、代表者名、事業内容は一切記載されていません。

 

山内真也容疑者は自分の顔をSNSにアップしていますし、「株式会社ONENE」の代表取締役を語っています。しかし、会社情報の代表者名の部分に「山内真也」の名前は掲載していません。また、電話番号も不明なので問い合わせをする術がありません。この時点でかなり怪しい。

 

さらに、報道上でも「自称会社員・山内真也容疑者」とされているのであくまでも「自称」。「株式会社ONENE」について詳しく調査し情報を精査してみても、山内真也容疑者が代表取締役を勤めているという情報は全くの嘘だったことがわかります。

山内真也容疑者はプライドが高く、「株式会社ONENE」という会社の社長をやっているという嘘をつき、周りに自分がすごい人物だと思ってもらいたかっただけでした。




山内真也容疑者のTwitter!嫌いな議員のデマでっち上げ

上は、山内真也容疑者のツイッターです。

山内真也容疑者はツイッターでプライベートの内容の投稿もしていますが、内容のほとんどが他の議員への妬みや嫉みばかり。さらに、デマを流すこともしています。

山内しんや容疑者はツイッターで岡崎市議の三塩菜摘氏に対してデマを流しています。 三塩菜摘氏は公職選挙法違反で呼び出しをされていないことがわかっており、山内真也容疑者のでっち上げでした。

 

さらに、山内真也容疑者は、れいわ新選組の党員に暴力を受けたという内容をTwitterに投稿。

本日名古屋駅を歩いていたら、「動画撮影を妨害した」という理由で、れいわ新選組の党員に突然暴力を振るわれ、警察の方に助けて頂きました。政治に対する熱い思いは伝わったので、被害届は出しませんでした。政治って、「国民に暴力を振るわせない為」にあると思うんだけどなぁ。

山内真也容疑者は暴力を受けたという動画も上げています。動画の内容は、山内真也容疑者がカメラをのぞき込んでいたときにダウンジャケットを着た人物に首を掴まれてフレームアウト。しかし、ダウンジャケットを着た人物の顔は見えていませんし、優しく掴まれているのでどうみても山内真也容疑者の自作自演です。




山内真也容疑者は自分が嫌いな党、恨みのある人物に対しては嘘をついてでも徹底的に追いやろうとする姿勢。しかし、山内真也容疑者が嘘をついていることは、わかる人にはわかるので誰も相手にしません。

「山内しんや容疑者」Facebookで豊田市長殺害予告

上は山内真也容疑者のFacebookです。山内真也容疑者はTwitterだけでなくFacebookもマメに更新していました。

100日以内に○ぬ稔彦 2日目‼️
コロナ騒動でお金に困っているそこの貴方‼️愛知県豊田○長の太田○彦氏を○害した先着
1名様に現金1億円を贈呈させて頂きます🙇🏻‍♂️
年齢、国籍、職業は一切問いません!!!
どなたでも大歓迎で御座います😸🍀✨
勇者トシヒコの生息地は愛知県豊田市住吉町近辺です(2-7-5)😀👍🏻✨たまに豊田市の「メンバーズクラブ姫」にも出没します!!!👸🌸✨
さぁ、稔彦は無事逃げ切れるかな?🤪
【☆山内(浅野)真也プロフィール☆】
豊田市役所資産税課勤務、山内丈夫の長男。28歳の時に共産党員の父と意見が対立し、自宅で殺そうとした所で、父親が警察に通報。
警察官8名が自宅に流れ込むも、山内真也氏が警察官に神風特攻隊と開聞岳の話を熱く語ると警察官は涙して納得して引き下がった。豊田市でのあだ名は『長屋の星飛雄馬』。

山内しんや容疑者は豊田市長である太田稔彦氏への殺意が感じ取れる内容をFacebookに投稿。「愛知県豊田市長を殺害した人物には1億円を贈呈します」という内容で、山内真也容疑者は「誰でもいいから豊田市長を殺してくれ」と言っています。

画像:刃物をもち、豊田市長の自宅前で写真を撮る山内真也容疑者

画像:豊田市長を殺害した人物へ贈呈するであろう1億円

山内真也容疑者は、Facebookやツイッターで豊田市長を殺害してくれる人を募りましたが、誰も反応しませんでした。他人に殺人を依頼することは犯罪行為です。山内真也容疑者がSNSで豊田市長を殺してくれを投稿したこと自体が許されることではありません。




山内真也は市長になりたかった「誰も殺害しないなら自分がやる」

画像:刃物をなめる山内真也容疑者

山内真也容疑者は誰も行動に移してくれないことにしびれを切らし、自ら豊田市長に接近。誰もやらないのなら自分でやろうと行動にでたのです。しかし、山内真也容疑者は刃物を持ち豊田市長宅に侵入し逮捕されることとなりました。

 

山内真也容疑者は自分が豊田市長にふさわしいと思っていました。しかし、市長選では落選。悔しさもありましたが、何より自分が選ばれなかったことへの憤りが大きかった山内真也容疑者。市長選に落選した山内真也容疑者が豊田市長殺害の行動に出た理由は、現在の豊田市長がいなくなれば自分が市長になれるとでも考えていたのでしょう。しかし、山内真也容疑者がやばい人物だってことはSNSを見ればわかります。まともな有権者たちが山内真也容疑者に投票することはないでしょう。

 

豊田市長を殺害してでも自分が市長になりたかった山内真也容疑者。考え方が異常でサイコパスな山内真也容疑者が政治家になる日は一生来ない。




山内真也による豊田市長への脅迫・住居侵入容疑の概要

会員制交流サイト(SNS)で市長を脅迫したなどとして、愛知県警豊田署は30日、住居侵入と脅迫の疑いで、豊田市上野町6の自称会社役員山内真也容疑者(30)を逮捕した。
 逮捕容疑では、30日午前1時半ごろ、豊田市内にある同市の太田稔彦市長(66)方に侵入して刃物のようなものを持って門扉の上に立つなどし、写真を撮って自身のSNSに「コロナ騒動でお金に困っているそこの貴方 (被害者)を○害した先着1名様に現金1億円を贈呈させて頂きます」などと投稿。太田市長に知らせて脅したとされる。
 署によると「間違いない」と容疑を認めている。
 山内容疑者は昨年2月の豊田市長選に立候補し、落選していた。
引用元:中日新聞

山内真也のインスタグラム

山内真也容疑者はインスタグラムもやっていました。インスタグラムではほとんどプライベートの内容で豊田市長への殺害予告などの投稿はしていませんでした。

インスタグラムは若者が見るSNSなのであまり過激な内容の投稿は避けていたようです。それにしても山内真也容疑者はインスタグラムの他にもツイッター、フェイスブックをやり、全てのSNSをマメに更新。

 

SNSを使いプライベートの内容などを投稿しアピールすることは、有権者からすれば山内真也容疑者に対して親近感がわきます。ですが、山内真也容疑者の投稿内容は怪しい言動や行動ばかりでとても投票しようとは思えません。豊田市長選で落選したことは目に見えていたことでした。

コメント