ニュース

高知県南国市事件の女子大生の顔画像!パパ活で金銭目的か「世間知らずで純粋な子」

ニュース

11月29日、高知県南国市岡豊町浦原の路上で20代の女子学生が刺される事件が起きました。逮捕されたのは北岡卓矢容疑者(37)。20代の女子学生は「ヒッチハイクをした」と話していますがパパ活目的だったことが明らかとなりました。北岡たくや容疑者による”高知県南国市事件”の被害に遭った20代の女子大生の顔画像とともに詳しく見ていきます。

 

北岡卓矢の顔画像(高知県南国市)を特定!出会い系アプリで結婚相手を探していた
11月29日に高知県南国市で、20代の女子学生が刺された事件で逃走してた犯人が逮捕されました。逮捕されたのは作業員・北岡卓矢容疑者(37)。北岡たくや容疑者の顔画像、Facebookを調査。北岡卓也容疑者は出会い系アプリを使って女子大生徒出会っていました。
田埜浩一の顔画像と勤務先の会社名!ポルシェで日常的に危険運転か(熊本阿蘇市)
11月29日午前9時過ぎに、熊本県阿蘇市の県道でポルシェと普通乗用車(プリウス)が正面衝突。ポルシェを運転していた田埜浩一さん(49)と、有田洋子さん(59)が亡くなりました。田埜こういちさんの顔画像や勤務先の会社名について調査しました。
新井大樹のイケメン顔画像!在日韓国人で両性愛者だった(東京北区)
東京帰宅の路上で背後から女性に抱きつくなどして強制わいせつの容疑で、飲食店従業員・新井大樹容疑者(23)が逮捕されました。女性の驚く姿を見たかった、ストレス発散のためと供述している新井だいき容疑者。新井大樹容疑者の顔画像がイケメンで在日韓国人との情報を入手しました。

 

20代の女子学生の顔画像(高知県南国市事件)どこにでもいる普通の女の子

高知県南国市岡豊蒲原の路上で北岡卓矢容疑者に車内で刺され重傷となった、20代の女子学生は「県外に住む学生」でした。ヒッチハイクはデマで援助交際目的でわざわざ高知県に出向いたと言われています。ネット犯罪に巻き込まれる女の子が多い中、見知らぬ男と出会うなんて危険だとわかるはず。

 

それでも、20代の女子学生は高知県まで行き、北岡卓矢容疑者と出会い車に乗り込みました。被害に遭った女子学生は見知らぬ男性と出会うことに慣れていたに違いありません。北岡卓矢容疑者と会う時も慣れており、初対面の男の車に乗ることに抵抗なんてありませんでした。

 

20代の女子学生なのでおしゃれに敏感な年頃。バッチリメイクに髪の毛も巻いたりアレンジしたり、流行りの服を身にまとい楽しいキャンパスライフを送っていました。

美人ではない可能性大

高知県南国市事件で北岡卓矢容疑者にさされた20代の女子学生。美人ではなかったとの情報を入手しました。北岡卓矢容疑者は丸刈りメガネ。自分の容姿にコンプレックスがあったはずなので美人やかわいい人よりも「普通の女の子」との出会いにこだわっていました。

 

北岡卓矢の顔画像はコチラ「丸刈りメガネ」

画像:高知県南国市事件で北岡卓矢容疑者に刺された20代の女子学生のイメージ

上は、高知県南国市事件で被害に遭った女子学生のイメージ画像です。特別かわいいわけでも、美人でもなくその辺にいそうな女の子。いわゆる「量産型女子」で間違いありません。スカートやワンピースなどを着て、雑誌やインスタで流行っているメイクや髪型をしている10代や20代に多い女子であったことがわかります。

 

モテる女性というと、美人やかわいいを思い浮かべがちですが一番モテる女子というのがどこにでもいそうな「普通の女の子」です。高知県南国市事件で被害者の20代女子学生は「普通の女の子」でした。「普通女子」は平凡そうに見えるので、どこか隙があり男性が声をかけやすい。

高知県南国市事件・20代女子学生「パパ活」で金銭目的だった

北岡卓矢容疑者は出会い系アプリを使っていたことがわかっており、被害女性も出会い系アプリを使っていました。

画像:出会い系アプリのイメージ

出会い系アプリは女性は無料でできることと、身分を偽ることができるので詐欺写真をアイコンに設定して男性から可愛いと思ってもらえたら連絡がきます。20代の女子学生は、出会い系アプリを使い北岡卓矢容疑者とコンタクトを取ることに成功しました。

 

女子学生はお金に困っている女の子が多いのが現状です。学費を親が払ってくれる家もあれば家庭の事情で奨学金で賄っている人もいます。アルバイトをするよりも手っ取り早く稼げるのが「パパ活」。高知県南国市事件で被害にあった20代の女子学生がお金に困り「パパ活目的」で出会い系アプリを使用していたことに違いありません。

金に困ってるJD(女子大生)は恋愛よりパパ活だから。金さえあれば飼えるよJD。

 

女子学生は県外に住んでいるので、高知県までくれば自分がしていることが周囲にバレることはないと思ったのでしょう。出会い系アプリでお金を持っていそうな年上男性と連絡をとり金銭目的で出会っていました。しかし、北岡卓矢容疑者は丸刈りメガネの冴えないおじさん。さらにお金持ちでもなんでもなく、希望の金銭のやり取りができずに口論になったことは間違いありません。

出会い系かね。

まぁヒッチハイクする頭も…
どんだけ世間知らずか
知らない人の車に乗る危険性

高知県南国市事件で北岡卓矢容疑者に刺された女子学生の自業自得だったことは否定できません。誰にも相談できない環境だったとしても、自分のことを大事にしてほしかった。

高知県南国市岡豊事件・20代女子学生「ジムニー」にがっかりした

画像:北岡卓矢容疑者の所有していた車・スズキ「ジムニー」

事件当時、北岡卓矢容疑者が乗っていた車はスズキのジムニーでした。20代の女子学生からしたら「え。何この車」と思うに違いありません。37歳で同じSUVに乗るならトヨタ「ハリアー」や日産「エクストレイル」などのほうが女子にはモテるでしょう。

 

金銭目的で北岡卓矢容疑者と会った20代の女子学生。車を見た瞬間「金持ってなさそう」とでも思ったのでしょう。車に乗って会話してもどこかつまらなさそうな態度になり、北岡卓矢容疑者を怒らせたに違いありません。北岡卓矢容疑者のようなモテない男からしたら女性が何で不機嫌になったかなんてわかりません。

 

最初はオロオロしたものの、機嫌を取ろうとしてもなお不機嫌な女子大生に苛立ちが隠せなかったはず。さらに、20代女子学生が金銭の要求をしたことで、北岡卓矢容疑者に刺されるという被害に遭いました。

 

高知県南国市事件「北岡卓矢を許さない」20代女性の家族

20代女性は刃物で刺され重傷。命に別条はなかったとしても体に傷が残ります。被害に遭った20代女子学生の親の気持ちを考えると、憤りと悲しみで感情がぐちゃぐちゃになります。また、娘が見知らぬ男と出会って事件に巻き込まれたことは、親の立場からしたら叱らなくてはいけないことでもあります。

 

しかし、20代の女子大生が悩んでいたことに気づくことができなかった親にも責任があることでしょう。パパ活をしていたなんて娘の立場からしたら親には絶対に話せない。「ヒッチハイク」という嘘をついてでも隠し通したかったことなのに、北岡卓矢容疑者に刺されたことで事件が親の耳にも伝わってしまった。

 

被害に遭った20代の女子大生は十分反省しています。20代とはいえ学生なのでまだまだ子供。世間しらずな部分があっても仕方ありません。悪いのはすべて北岡卓矢容疑者です。しかし、北岡卓矢容疑者は容疑を否認しており反省の色がみえない。

高知南国市事件・北岡卓矢容疑者が出頭

この事件は29日、南国市でヒッチハイクをしていた20代の女性が、知り合ったばかりの男に車の中で腹を刺されてけがをしたもので、警察が逃げた男の行方を捜査していました。

警察によりますと、30日夜7時20分ごろ、南国市の37歳の男が同じ職場の人に連れられて、南国警察署に出頭したということです。

警察は、先ほど男を殺人未遂の疑いで逮捕しました。

引用元:NHKニュース

 

女子大生もよく初対面で会いに行って、車に乗り込んだよね、、、?今の子達は警戒心って無いの?
初対面で信用して車に乗ったの?
この感覚は不思議過ぎる。
刺した方が悪いのは当然として、このニュースを見て安易に人を信じないように教訓にして欲しい。
女子学生が無事でよかったです。
一番悪いのは、当然犯人なんだけど、女性も考え方が軽過ぎる。
初対面の男性の車に乗る気持ちが、理解できない。

 

北岡卓矢容疑者は「僕は刺していない」と容疑を否認しています。女性の体に傷をつけ、下手したら死んでいたかもしれない事件を起こした北岡卓矢容疑者を許してはいけません。高知県南国市事件を起こした北岡卓矢容疑者の新たな情報を入手次第追記します。

コメント