アイドル

七瀬雪乃(てぃんく)死因の交通事故はデマ!YouTuber坂口章の誹謗中傷動画がやばい(名古屋)

アイドル

愛知県名古屋市で活躍していたアイドル「てぃんく」の七瀬雪乃さん(17)が不慮の事故により10月17日に亡くなりました。17歳という若さでこの世を去ったことに世間からはショックと悲しみが隠せません。事故の原因は何だったのか、YouTuberによる誹謗中傷の動画が大炎上しています。詳しく見ていきます。

 

404 NOT FOUND | きなこニュース
世間を騒がせているニュースをお届け
古川賀子(かこ)さん美人顔画像!インスタやツイッターは?「友達には心の傷跡」大阪梅田
10月23日に大阪梅田のヘップファイブで、飛び降り自殺に巻き込まれた19歳の古川賀子さんが亡くなりました。意識不明の重体で病院に搬送されましたが、最悪の結果になってしまいました。古川賀子さんの顔画像やインスタグラム、Facebookなど詳しく調査しました。
404 NOT FOUND | きなこニュース
世間を騒がせているニュースをお届け

七瀬雪乃さん突然の訃報

名前:七瀬雪乃(ななせゆきの)

年齢:17歳

所属グループ:てぃんく

活動拠点:愛知県名古屋市を中心に活動。

 

グループの公式ツイッターで10月24日に、てぃんく♪メンバーの七瀬雪乃さんが不慮の事故で亡くなったことを発表しました。

七瀬雪乃についてお知らせ

日頃から応援ありがとうございます。てぃんく♪メンバー七瀬雪乃ですが、先週末、不慮の事故に合い救急搬送され意識不明の重体でICU(集中治療室)に入りました。そして、17日にそのまま息を引き取りました。

メンバーへは18日のライブ後に知らせました。先日、葬儀もあり事務所スタッフ、メンバーも参加させて頂きました。突然の事に事務所、メンバー共に悲しみに暮れており、まだ心の整理がついておりません。

加入依頼、休まずに全力で頑張ってきた雪乃は永遠に仲間であり、てぃんく♪のメンバーです。雪乃の目標であった数々の大ステージへの出演を残ったメンバーで叶えていくことが雪乃への弔いになると信じております。事務所としても、メンバーの心のケアに全力を注ぎつつ、雪乃へ何ができるかを考えながら活動を行ってまいります。

2020年10月23日 ハニーエールプロモーション 平井健太

引用元:てぃんく♪公式ツイッターより

 

七瀬雪乃さんは、10月17日に不慮の事故で亡くなったと発表されました。10月18日のイベントに参加する予定だった七瀬雪乃さん。当日、公式ツイッターでは「雪乃は体調不良のためお休み」と報告していました。そして、メンバーを動揺させないためにもイベントが終わるまでは伝えなかったようです。

画像:ツイッターで、七瀬雪乃さんが18日のイベントをお休みするという報告

「石森虹花」卒業は事実上クビ!ホスト狂いでセクシー女優に転身か「青汁王子突撃動画」

石森虹花の彼氏ホストAを特定!新宿「SINCEYOU」の秋

 

七瀬雪乃さん「不慮の事故」って何?

七瀬雪乃さんは「不慮の事故」で亡くなったと発表されています。交通事故かと思い浮かべる方が多い中、「不慮の事故」の定義とは何なのか調べてみました。

 

不慮の事故とは、思いがけない出来事、予測不可能で急に起こった事故などを意味する表現。主に外的な要因によって引き起こされた事故を差すことが多い。

 

簡単に言えば、交通事故、転落、転倒、墜落、窒息、溺死、中毒などが当てはまります。てぃんく公式ツイッターでは「不慮の事故」としてしか報告されていないので、多くの人が予想している「交通事故」ですが、亡くなった原因が交通事故だったという確証はできません。公式ツイッターも詳しい原因を明かさないことから、交通事故の可能性は低い。

 

事故死したら普通新聞に載るで。

ましてやローカルといえどもアイドル。

 

また、七瀬雪乃さんの事故について新聞やニュースなどで詳細が報道されていません。七瀬雪乃さんは10月18日に亡くなったのに、発表が24日でした。約一週間遅れで報告されています。不慮の事故の詳細は何なのか。原因は何だったのか。

 

七瀬雪乃さんを応援していたファンからすれば詳しい原因を知りたいという思いはあるはず。また、事故に関わった人物がいたならば、その人への憤りもあります。運営元としては「七瀬雪乃をそっとしておいてほしい」ということでこのまま終わらせたいとは思いますが、応援していたファンとしてはやり切れない思いが残る。

 

岡村隆史の結婚相手は誰?元モデルの長身美女か!「モラハラ亭主にも負けない気の強い女」

てんちむがモテフィット返金拒否か!「自殺を決意」誹謗中傷で未遂の過去

七瀬雪乃さん誹謗中傷でYouTuber坂口章が大炎上

画像:YouTube「チャンネルふいた」で七瀬雪乃さんについて動画を公開した坂口章さん

YouTubeで動画を投稿している坂口章さん。七瀬雪乃さんを「僕が車で轢いた」などとの不適切発言を動画で公開。「亡くなった人を侮辱するな!」「不謹慎だ!」と世間からは怒りを買いました。

画像:坂口章さんの「チャンネルふいた」

 

すでに動画は削除されているので見ることができませんが、不適切な動画の内容は以下の通り。

「○○の弟です」「○○の妹です」ではなく今回は「てぃんくの七瀬雪乃を車で跳ねて死なせました!」という不謹慎極まり無い動画タイトルで投稿。

投稿者は顔出しで風呂場のような場所で撮影し「今ならまあ、終わったことなので話せるとます。ちょっとね悪かったなあというのもあります。僕が来るまでよそ見運転をして彼女を轢いたんですね。びくともしないんですね。もしかすると打ち所悪くて意識不明な状態」と淡々と嘘を語り出した。

続けて顔をよく見たら「俺が応援してる推しやんと思って、誤解されたくないんですけど写真をパチパチ撮ったんですよ。30枚くらい。それから警察と救急車に連絡した」と事故当時のことを説明。もちろんこの人物が語っていることは全てうそで、再生数伸ばすための売名だ。

 

炎上商法でチャンネル登録者数を伸ばす魂胆が丸わかり。しかし、10月24日にグループの公式ツイッターが誹謗中傷に対して法的措置をとるとの意向を示しました。

現在youtube、SNS、掲示板などで 故人を貶める不愉快な投稿などがあるとご報告を頂いております。 とても看過出来る問題では無く、絶対に許せません。 ご遺族と共に厳正に対処させて頂きます。 安らかに眠ってもらう為にも、そういった行為は絶対に辞めて頂くようお願い致します。

 

この法的措置の発表に焦った坂口章さんは、七瀬雪乃さんに対する不適切動画を削除。さらに、謝罪動画をアップしています。

 

画像:YouTubeで謝罪動画を上げた坂口章さん

「法的措置」という言葉にビビり、不適切動画の削除と謝罪をしていますが、YouTubeのコメント欄には坂口章さんに対して厳しい声が寄せられています。

誹謗中傷が公になり慌てて消して謝罪あげるなら最初からやるなよ情けない。今後はどこの事務所も徹底的に追及やるだろうから、これに懲りたら二度と誹謗中傷するな。

もう遅いよ。 法的処置がとられます。 自分が招いた結果です。 連絡待っててください。

 

ネットに一度上げてしまったもので炎上しているものほど、瞬く間に拡散され、消すことができません。実際に法的措置が取られるかは定かではないが、顔も名前も出ているので逃亡することはできません。

 

ねおママのブログは嘘?Youtubeの稼ぎを頼りにする毒親!VAZ「報酬は妥当」

吉田朱里の卒業理由「25歳定年説」か!

 

まず謝るならマスク外せよ。

また、不適切動画ではマスクをつけていなかったのに、謝罪動画ではマスクをしています。外で撮影していたのかは不明ですが、謝罪するときにマスクをつけたままというのは、いかがなものか。さらに、今まで投稿している動画もすべて不適切な動画ばかり。

 

最近でいうと、大阪梅田のヘップファイブで起きた飛び降り事件について動画を上げています。動画の内容は最低そのもの。それらの動画は残したままなので、坂口章さんは「法的措置を取る」と連絡がない限り、炎上動画を上げ続けることは間違いないでしょう。

 

てぃんく♪七瀬雪乃さんTwitterの最後の投稿

七瀬雪乃さんは10月16日までTwitterを投稿していました。最後の投稿は「おやすみ」でした。

10月16日に七瀬雪乃さんは、名古屋市大須にあるアイドルカフェ「ハニーフィールド」に出勤。お客様やファンの方に笑顔を届け、家に帰った後も、SNSの更新は欠かしませんでした。Twitterはほぼ毎日更新していました。もう七瀬雪乃さんのSNSが更新されないと思うと、胸が痛い。

 

 

まだ気持ち整理付いてないですけど雪乃ちゃん天国からみんなを優しく見守っててあげてください。少ない期間で結局会えなかったけどアイドルになってくれてありがとう。

精一杯、生きたんだと思います。 ご冥福をお祈り申し上げます。

悲しいな。

まだ17歳。やりたい事もこれからの事も楽しみだっただろうに

ちょっと森戸知沙希ちゃんの昔に似てるかな〜って雰囲気あったから気にはなっていたんだけどね。 もう姿を見ることも出来ない。 でも、てぃんくのメンバーであることは変わりない。 これから天国でメンバーを見守ってね。

 

七瀬雪乃さんのTwitterの最後の投稿には沢山のリプがありました。七瀬雪乃さんからの返信はもう届きませんがファンからの優しいメッセージが多数寄せられています。多くの人に愛されていた七瀬雪乃さん。

 

コメント