自殺

大阪梅田HEP(ヘップ)で飛び降り自殺した男はアルバイトの高校生か「どうせ死ぬなら誰かと一緒に」

自殺

10月23日午後6時頃、大阪梅田の商業施設「HEP FIVE(ヘップファイブ)」で飛び降り自殺がありました。飛び降りたのは男性で、学生証があることから17歳の高校生とのことです。男性が飛び降りた際に通行していた女性に直撃。女性は意識不明の重体です。画像と共に詳しく見ていきます。

 

岡村隆史の結婚相手は誰?元モデルの長身美女か!「モラハラ亭主にも負けない気の強い女」
ナインティナインの岡村隆史さんが結婚しました。結婚できなさそうとまで言われていた岡村隆史さんが結婚したいと思えるほどの相手とは一体誰なのでしょうか。かなりの美女で元モデルとの噂を入手しました。また、精神的に弱い岡村隆史さんを支える家庭的な女性
笠原善和(ディルアングレイ)の顔画像を特定!インスタ「ブサイクのナルシスト」奈良県
自分が人気ロックバンド「ディルアングレイ」のボーカル(京)であると嘘をつき、金をだまし取った詐欺の疑いで奈良県の笠原善和容疑者(39)が逮捕されました。ディルアングレイのボーカルを名乗るくらいなので笠原よしかず容疑者の顔画像を特定しました。
山本博史(大阪天王寺公園通り魔)の顔画像!生い立ちは?無差別的犯行はデマ「標的にされた配達員」
2020年10月18日に、大阪の天王寺公園で通り魔事件が発生しました。殺人未遂の容疑で、現行犯逮捕されたのは山本博史容疑者(49)です。幸いなことに被害者は命に別条はありませんでした。山本ひろふみ容疑者の顔画像や動機など、詳しく見ていきます。山本博文容疑者

[画像]大阪梅田のHEP FIVE(ヘップファイブ)で飛び降り自殺

画像:商業施設「HEP FIVE」

画像:速報で報道されたヘップファイブの飛び降り自殺

 

画像:事故現場を検証する警察官たち

 

画像:事故当時に現場付近を歩く多くの人だかり

 

画像:事故現場に残されていたバッグ

 

 

飛び降り自殺に巻き込まれかけてぷえった。

事故現場には、飛び降り自殺に巻き込まれそうになった方が何名かいました。また、悲惨な現場を目撃するわけですのでトラウマにもなりかねません。

 

ヘップ前で座ってたら隣に人が落ちてきたて。

あと数センチずれてたらぶち当たってたし。

てか怖すぎて足震える。

上は、男子高校生が飛び降りてきたときに、かなりの至近距離にいた方の投稿。数センチずれていたらぶつかっていたという危険な状況にいました。この方は運よく助かっていますが、この数センチのずれで、19歳の女性が被害に遭ってしまいました。足が震えるどころか、心臓も飛び出るほどの驚きと恐怖の現場だったわかります。

 

[動画]HEP飛び降り自殺

大阪梅田ヘップで飛び降りた男はアルバイトの高校生か

ヘップファイブには、吹き抜けがあるのでそこなら誰でも通行可能です。しかし、自殺した場所は屋内ではなく、屋外。一体どうやって屋上にのぼったのか謎が深まるばかり。観覧車もあるのでよじ登れば屋上に出られないこともないですが、従業員がいるのでそれは難しい。そこで関係者証言を入手しました。

 

17歳の男の子で屋上からの飛び降りとのこと。

関係者しか屋上に出られないらしいから、中で働いている人?

 

関係者は屋上に出ることが可能のようです。報道によると飛び降りたのは17歳の男子高校生であることがわかっています。関係者以外は屋上に出ることができないとなると、男子高校生はヘップファイブでアルバイトをしていたということが明らかになりました。

 

事件が起きた時間帯は午後6時。アルバイト終わりにしては早い時間帯。男子高校生は前々から自殺の意思があり、飛び降り自殺が成功する場所を探していた。中途半端な高さだと最悪失敗する場合もあることを知っていたのでしょう。一思いに苦しまないほど高さのある場所ということで、ヘップファイブを選択。

 

大阪梅田ヘップで飛び降り「いじめが原因か」

飛び降り自殺をした17歳の男子高校生。17歳といえば、青春時代の真っ盛りで学校生活が楽しい時期です。友達と騒いだり、勉強に勤しんだり、部活動やアルバイトを一生懸命する。楽しいことだけではなく、辛いこともありますが少しずつ大人へと成長していく大事な時期。

 

それなのに「自殺」という選択肢をするほど、大きな悩みを抱えていました。17歳の高校生が自殺を選ぶ理由として様々な原因があります。10代の自殺の要因で最も多い理由が「学校問題」で、友人との不和、いじめなどが多いとされています。

 

中学生以降になると学校問題で自殺を選ぶ若者が多く、今回飛び降り自殺を選んだ男子高校生も「いじめ」が原因だった可能性が高い。いじめで悩んでいるのに、親に相談すれば「男」というだけでクヨクヨ悩むなと言われる、強くなれと言われるだけで誰も真剣に話を聞いてくれない、などで相談相手がいなかったり、一人で抱え込む子が多い。

 

20代半ばになれば、昔悩んでいたことを馬鹿らしいと思えたり、どうでもよいと思えるようになります。しかし、中学・高校生の時の悩みというのは大人からすれば大したことないと思えても、本人にとっては「死」を考えてしまうほど辛いことです。それを乗り越えて大人になるか、自殺という道を選んでしまうのか、10代にとっては分岐点でもある。

 

家族の支えがもう少しあればよかったかもしれないが、この男子高校生は親ですら信じることができなくなっていたことは明らか。「自殺」を選ぶことはかなり勇気のいることだが、この男子高校生は、死ぬことよりも生きることの方が辛かったのでしょう。そんな悲しいことはない。

 

竹内結子「他殺」が濃厚か!三浦春馬の後追いはデマ「自殺と見せかけたプロ集団がいる」

竹内結子「薬物死」事務所が隠ぺいか!従兄弟(東山凛太朗)の暴露ブログが削除

ヘップファイブ飛び降り「どうせ死ぬなら誰かと一緒に」

ヘップファイブで17歳の男子高校生が飛び降り、下を歩いていた19歳の女性に直撃。女性は意識不明の重体です。男子高校生が選んだ場所は多くの客が買い物を楽しみ、外にも多くの通行人がいる場所。自分が飛び降りれば下を歩く人を巻き込んでしまうことはわかっていたはず。

 

それすらも判断できないほどの精神状態だったのだろうか。それでも選んだ場所が悪すぎますし、下手したらもっと多くの人を巻き込んでいたかもしれません。男子高校生がしたことは、殺人と何ら変わりはない。

 

飛び降り自殺のニュースで 「こんな時間帯に迷惑」「1人で死ね」「人巻き込むなよ老害」 とかこんなコメントばっかり。自殺を図ったご本人のことは無関心。 それどころか批判ばっかり。そういう世の中が人を生きづらくして、追い詰めてしまうんじゃないの? 一人で死ね、じゃねーよ

 

17歳の男子高校生を擁護するコメントがSNS上に投稿されています。男子高校生が17歳という若さでこの世を去ってしまい、これ以上生きていたくないと思うほど社会に絶望していた。「生きずらい世の中」これは否定はできません。しかし、19歳の女性を巻き込んだことは重罪であり、許せないという声は多い。

 

大沢佳那子インスタ特定!男好きの悪女で妻にマウント!「同情の余地なし」高崎市

大澤佳那子さん(群馬県高崎市)の可愛い顔画像とFacebook!犯人は同じ職場の人間(関係者証言)

大阪梅田ヘップファイブで飛び降り自殺

10月23日夕方、大阪・梅田の商業施設から男性が飛び降り、路上を歩いていた女性にぶつかりました。男性は死亡し、女性は意識不明の重体です。警察によりますと、10月23日午後6時前、大阪市北区の商業施設「HEPFIVE」から男性が飛び降り、下を歩いていた19歳の大学生の女性とぶつかったということです。2人とも病院に運ばれ、男性はまもなく死亡、女性は意識不明の重体です。男性は屋上から飛び降りたとみられ、屋上には17歳の男子高校生の学生証が入ったカバンが残されていたということで、警察が男性の身元の確認を急いでいます。

コメント