ニュース

井田りほインスタ!ヤンデレでかわいい?代理ミュンヒハウゼン症候群は嘘!(大阪)

ニュース

大阪市内の病院で生後2か月の赤ちゃんに血液を飲ませるという衝撃的な事件が起きました。傷害の容疑で逮捕されたのは井田莉歩容疑者(23)。代理ミュンヒハウゼン症候群なのではないか?と捜査中ですがそれは嘘であり、井田莉歩容疑者は赤ちゃんを殺害する目的があった可能性が浮上。詳しく見ていきます。

 

マリア愛子がお持ち帰りされたA子?ブスで加工が上手「面食いの山下智久(山P)は胸につられたか」
2020年7月30日。山下智久(35)・通称山Pが、未成年と高級ホテルに泊まったニュースが話題となっています。すでにネットでは相手の未成年が特定されていて、AbemaTV「恋するホームステイ」に出演していた高校生モデル「マリア愛子」の可能性が濃厚です。今回は、ジャニーズで大人気の山下智久がお持ちかえりした女子高生は「恋ステ」のマリア愛子なのか?マリア愛子はブスなのか?詳しく見ていきます。
山下智久退所は嘘?お持ち帰りは手越より悪質なのか?「知らなかったで謹慎処分」
2020年8月7日の「文春オンライン」にてジャニーズタレントとして人気の「山下智久」の未成年飲酒とお泊りデートが報じられました。山下智久のお相手の女性はモデルの「マリア愛子」。今回の問題を受けて、山下智久は退所するのか?詳しく見ていきます。
マリア愛子とみうごんの関係がやばい!やらかしでジャニ喰いのプロ!「喰うつもりが逆に喰われた山P」
週刊文春で報じられている未成年と飲酒とホテルでお泊りした渦中の人物、ジャニーズで大人気の「山下智久」と、山Pとお泊りしたJKとして噂となっている「マリア愛子」。マリア愛子とみうごんの関係性、やらかしでジャニ食いのプロである「みうごん」にアドバイスをもらいハニートラップをしかけた可能性など。詳しく見ていきます。

井田莉歩のインスタは?「ヤンデレでかわいい」

井田莉歩容疑者のインスタグラムを検索してみました。複数件該当はあるものの、名前が類似しているだけであったり本人のアカウントは特定できませんでした。本名ではなくニックネームなどで登録している可能性もあります。

井田莉歩、井田りほ、いだりほ、など漢字やひらがなを駆使して検索してもみつかりませんでした。しかし、関係者によると井田莉歩容疑者は鬱病の可能性もあり、精神的に病んでいることがわかりました。いわゆる「ヤンデレ」かもしれません。ヤンデレ女子はリストカットなどの自傷行為をしたり、睡眠薬など過剰に摂取して自殺未遂をしたり、重い愛情表現をして相手を困らせることは日常茶飯事。

ホスト殺人未遂事件を起こした高岡由佳容疑者の画像

上の画像は2019年にホストを殺そうとした容疑で逮捕された高岡由佳容疑者。高岡容疑者はヤンデレといわれる類の人物でした。とてもかわいい容姿をしています。性格的に問題がありますが、ヤンデレとよばれる女性はかわいい、美人が多いと言われています。井田莉歩容疑者もヤンデレでとてもかわいらしい見た目をしていることが想像できます。

 

生後2か月の赤ちゃんに血液を飲ませたとすると、井田莉歩容疑者がリストカットをしたものを飲ませていたので自傷行為をしていた以上、ヤンデレで間違いないでしょう。

井田りほ容疑者の事件の概要

大阪市内の病院で生後2カ月の長男の口に何者かの血液を入れて嘔吐(おうと)させたとして、大阪府警捜査1課は8日、アルバイトの井田莉歩容疑者(23)=同市住之江区新北島7=を傷害容疑で逮捕したと発表した。同課によると、井田容疑者は「血液を注入するようなことはしていない」と否認している。

捜査1課によると、井田容疑者は長男が入院していた1~3月、20回以上にわたって「息子が血を吐いた」と看護師に申告していた。長男は命に別条はないという。

逮捕容疑は2月中旬と3月上旬に大阪市の病院の室内で、第三者の血液を何らかの方法で長男の口の中に入れて、嘔吐させた疑い。

3月上旬に虐待を疑った病院が府警に連絡。母親が一緒にいるときだけ長男が嘔吐しており、嘔吐物から長男以外の血液が検出されたことなどから、捜査1課は井田容疑者が血液を投入したと判断した。子どもを傷つけるなどして自分に関心を向けようとする「代理ミュンヒハウゼン症候群」の疑いもあるとみて、経緯を調べる。

引用元:日本経済新聞

事件の概要をまとめると

・生後2か月の長男に血液を飲ませるなどの行為をして、2020年9月8日、アルバイトの井田莉歩容疑者が逮捕された。

・虐待の疑いがあるとみていた病院側の通報により事件が発覚。

・井田莉歩容疑者は容疑を否認。

・死後2か月の長男は今年1~3月に入院しており、井田容疑者は20回以上にわたって「息子が血を吐いた」と看護師に申告していた。

・この飲ませていた血液は母親である井田莉歩容疑者のものであると供述しているが定かではない。

・生後2か月の赤ちゃんが血を吐いていたのは、母親が面会に来ていたときのみだった。

・警察は「代理ミュンヒハウゼン症候群」の疑いもあるとみて調べを進めている。

・井田莉歩容疑者の長男が入院していた病院は「北野病院」

 

竹内麻理亜(高松市)育児放棄がなかったは嘘!ホストクラブで妊娠中なのに飲酒

竹内麻理亜(まりあ)がかなりかわいい!顔画像

井田莉歩プロフィール

名前:井田莉歩

年齢:23歳

職業:アルバイト

住所:大阪府大阪市住之江区新北島7

家族構成:夫(31)、長女、長男の4人家族

夫(31)に話を聞いたところ長男は「不妊治療を経てやっと得た第2子」であることを話しているので上に女児がいると思われます。

 

「井田莉歩「代理ミュンヒハウゼン症候群」は嘘

井田莉歩は代理ミュンヒハウゼン症候群なのではないか?と現在も捜査を進めています。この代理ミュンヒハウゼン症候群とは一体どのようなものなのでしょうか?

子どもに病気を作り、かいがいしく面倒をみることにより自らの心の安定をはかる、子どもの虐待における特殊型です。加害者は母親が多く、医師がその子どもに様々な検査や治療が必要であると誤診するような、巧妙な虚偽や症状を捏造します。

引用元:https://www.jpeds.or.jp/uploads/files/abuse_8.pdf

 

簡単に言うと「代理ミュンヒハウゼン症候群」とは

・子供を病気に仕立てて心配に懸命に面倒を見る母親になりたい。

・こんなに健気なわたしを見てほしい。

・周囲に献身的な母親であると思われたい。

などの子供にわざと病気をさせて、自分の心の安定をはかったり注目されることを望むなどの虐待の一種です。

 

今回の井田莉歩容疑者も、代理ミュンヒハウゼン症候群なのではないかと言われていますが、これは嘘の可能性があります。

 

竹内麻理亜の建築会社社長のイケメン旦那の画像

井田りほ「生後2か月の長男を退院させたくなかった」

生後2ヶ月で入院って未熟児か障害、もしくは生まれつきの病気で生まれてからずっとNICUにいたパターン?

 

通常出産を終えたら1週間程度で母子ともに退院できて、次の検診は赤ちゃんが生後1か月を迎えてからになります。しかし、1~3月の間、入院していたとすると井田莉歩容疑者の長男はどうやら体が弱いようです。井田容疑者の長男は、発熱や体に何らかの異常がありすぐに入院してしまうほど体が弱く、そんな息子の世話をしたくなくてずっと入院させるつもりで今回のような事件を起こしました。

代理ミュンヒハウゼン症候群っていうより

そのまま入院させたかったんじゃない?

面倒見るのに疲れたとか。

 

赤ちゃんのお世話ってとても大変です。なので、入院させておけば看護師がお世話をしてくれますし、病院側に任せておけば安心です。井田莉歩容疑者はまだ23歳で若く、自由な時間が欲しかったり、アルバイトを続けなくてはいけない理由があるなどして、生後2か月の長男を入院させていたかったと思われるのも仕方がない。

 

井田莉歩は殺害目的があった

同情をされたかったのかな?

それとも赤ちゃん病気にして保険金狙いとか?

どっちにしろアタマイカれてる気持ち悪い!

井田莉歩容疑者は保険金狙いだった可能性が浮上。また、血液を飲ませる行為は感染症のリスクが高く、病気になるなどして最悪、死に至ることもあります。井田莉歩容疑者は長男を殺害する目的があったのではないか?自分の子供が死んでもいいという考えがあったから、20回以上も血液を飲ませる異常行為をしていたのでしょう。

 

てんちむがモテフィット返金拒否か!「自殺を決意」誹謗中傷で未遂の過去

 

赤ちゃんがいつ死んでもいいように保険金をかけていた。またはずっと入院させておき、入院給付金目的だった。井田莉歩容疑者の職業は「アルバイト」です。産後もすぐに仕事復帰をしていたので生活に困窮していたことは間違いありません。また、保育所などに預けるお金もないので、井田容疑者はどんな手段を使ってでも長男を入院させようと考えて今回のような事件を起こしました。

 

入院給付金でも、保険金目的でも一歩間違えれば生後2か月の赤ちゃんは死んでいたであろう行為。れっきとした虐待であり、殺人未遂事件であったといわれても仕方ないことを彼女はしてしまった。